男が実感できる!マカサプリ徹底比較ランキング

男の自信につながる、本当に飲んで意味
のあるマカサプリはどれなのか。
大規模口コミ調査を実施し、実力派の
マカサプリをランキング形式でご紹介!

市販の安いマカではダメな理由

ペルーなどの南米アンデス地方にて栽培されているマカは、男性の活力源や健康維持などの目的でサプリメントにされ、日本でも気軽に購入することができるようになりました。大手メーカーも増えてきたことから認知度は急上昇中と言えるでしょう。

しかし人気が出ることによって次々と新規参入する会社が増え、次第に商品数も玉石混交となっていくものです。
コンビニやドラッグストアで手軽に入手できるサプリメントの中には「マカ」と書かれながらも含有量がほとんど含まれていなかったり、本来のペルー産マカが使われていなかったりすることも。ここでは市販の安いマカがダメな理由についてまとめます。

マカの歴史
マカは3000年前以上から南米ペルーにある高地(ボンボン高原)で育てられていた植物です。古来からマカのパワーは認められており、活力源として食べられていました。マカが栄養豊富でパワーの源となっていることは昔から知られていたのです。
ボンボン高原は標高が高いため空気は薄く、紫外線の影響を受けやすくなっているだけでなく、気温の変化も激しくなっています。厳しいところで育っているからこそ、原産地で育ったマカには栄養素がぎっしり詰まっているのです。
マカサプリの現状
マカの凄さが広まるにつれて、南米以外でも作られようになりました。中国を始め、日本でもマカの生産がされていますが、マカの原産地は4000m以上の高地であり、日本ではそもそもそんな土地はどこにもありません。
マカは、本来の厳しい環境で育つからこそ栄養価が高いのですが、残念ながら企業の利益が優先してしまい、高価で貴重な原産地のマカが使われなくなってきているのも事実です。
マカの理想的な摂取量
マカはその優れたパワーを発揮するために、必要な1日あたり摂取量があります。それはアメリカの大学とペルーの国立大学の研究論文でも発表されたとおり、一日当たり1500mg以上とされています。
コンビニやドラッグストアで安く売られているマカサプリは、本来の原産地のマカを使っていないばかりか、マカ含有量よりも添加物や安い原料(亜鉛や牡蠣など)の方が多くなっていることが多々あります。そのため、研究ですでに実証されたマカの必要量を満たすには足りず、安くて得をしているように見えて、その実はただの気休めになっているだけ…ということも。
市販のサプリを選ぶ際は、マカの含有量をチェックするようにしてみてください。場合によっては、100mgとか200mgしか含まれていない商品もあり、男のサプリとしては買う理由がありませんね。
マカサプリを選ぶ際の注意点
マカサプリを選ぶ際は、先ほど伝えた含有量をチェックするのが一番です。含有量が足りていないサプリメントは購入するのがもったいないと思うようにしましょう。次に生産国です。日本産だと安心というイメージがあるかもしれませんが、そもそも4000m級の標高で育った本場のマカでなければ本来の栄養素は含まれていないことを知っておいてください。
マカサプリを選ぶ際のまとめ
いかがでしょうか。単純にマカサプリといっても様々な条件で作られて価格設定がされています。市販の安いもので満足する人を止めるつもりはありませんが、せっかくなら安物買いの銭失いにならないようにしたいものです。
複数の商品を比較する際には、値段の差と含有量や品質をチェックしてみて、その金額差の理由を探ってみるとマカサプリの本質が見えてくるのではないでしょうか。
第1位はこちら
人気ランキング
  • 凄いマカ
  • 純正マカ(粒タイプ)
  • マカ王
  • マカ冬虫夏草配合
  • 黒マカDX
  • マカ+クラチャイダム
  • マカエンペラー
  • 元祖日本産マカ
  • マカEXセット
  • マカ威龍
マカに関するコラム